No. 391 8/3,4,5 ちょっと淋しくなってみる。
コメント:

結局花火は一人でもしょうがないので行かなかったり。迷っているときに
友人から電話が来て一応誘ってみるもののやっぱり断られたくらいにして、
最初から断られそうだから誘ってなかったというのもあるのだけど、やっ
ぱりちょっとショック感じてそのまま昼寝しちゃったりとか。
実は千葉の会場近くまで車で行ったんだけど、というのもそのまま止めて
眺められそうだったら見ておくかな位の気で。もう既にかなり混んでいた
ので直ぐに帰ってきて。うちのベランダから上の方が見えることには見え
たんだけど、なんかあまりにも淋しくなってきて5分くらいで家に入って
鳥人間見ながら涙してました。あ、高校生クイズと鳥人間コンテストは私
の中でちょっと特別な番組なんだけど、それはそのうち。

来週、東京湾花火が有るんだけどよく考えたら盆前の週末なわけで、あた
しゃ次週も仕事なんで関係ないんだけど、みんな帰っちゃうみたいだし結
局ごまちゃんの夏はもう終わったって事で。

-=-=-=

「○○さんに似ている気がする」
「それ、結構言われます」

初めてきちんと話をした後、そんなやりとりをしたような。直後から頭の
なかにハテナが浮かんでいたのだけど、申し訳ないほど全然違った。
二人ともすごく明るい子で気が利いて誰とでも明るく話せる、そんな子た
ち。でも、一人は自分の中にある自信がそうさせていて、もう一人は自分
の中にある不安がそうさせているみたい。なんていうんだろう、前者はそ
ばにいて欲しいタイプで、後者はそばにいてあげたいタイプというか。

-=-=-=

技術手当いくらもらってると聞かれて答えてみる。ウチの会社ってみんな
同じだと思っていたけど、規定的には幅がある数字が設定してあるらしい。
もっと欲しいと思わないのと聞かれて戸惑ってみたりとか。(もっともらっ
ていると思われていたらしい)
現実、今行っている会社はウチの会社の100倍の人数が働いている会社でひ
ょっとすると日本でも最大級のコンピュータネットワークを持つ所だった
りするからそう思わないこともないんだけども、どちらかというと欲しいの
はお金でなくて評価そのものだったりする。

これはみんな口をそろえて言うことなんだけども、仕事は面白いかそうでな
いかが重要で、まぁご飯に困らない程度のお金が有ればそれでかまわないと
いうのがある。(まぁ嫁は養えない、と言うのも共通の見解であってそれは
困る話なのだが)

例えば世間ではIPv6で新しい商売が始まる動き出す気配がある。あるいはBlue
tooth とか。雑誌でも紹介されているのでいいだけ動き出しているとも言え
る。そんな中、Javaの技術者どころかWebシステムさえ尻込みしてる部分もあ
ってそんな状況にいらいらしている社員が少なくないと言う部分がどうも分
かってもらえてないというのが大きい。レガシーなシステムでも専門特化した
優位性が有る部署が有るならそうは思わないかも知れないが、出向で出たり
入ったりが多い私の部署ではこの温度差はすごく大きい。そして最終的な命
取りになりうると思っているのは私だけではないはずで、そこんとこどーよ、
っていうのがすごくあるのだが。

-=-=-=

ついでだから書いちゃうと、最近ひっそりと辞めちゃうというか、辞めちゃっ
てからでさえ連絡の来ない事があったりしてそんなん、どうなのって思う。
ずいぶん早くから社内情報システムが徹底されててそれは会社の規模としては
ずいぶん先端を行っていたはずなのに最近運用が全くだ。朝礼での連絡がある
のかも知れないが、実に1/3の社員が朝礼に出られない状況なんだと言うことを
しっかり認識しなくては。

-=-=-=

書きかけで日が変わりました。昨日結構落ちていた感じだったか、今日はじわ
じわと復活の気配。図書館に行く途中美術館の前を通ったら「現代根付展」の
ノボリが飾ってあったので入ってみたら月曜からだったり。図書館で松本隆作
品集のCDを借りてみたり、電気屋で冷蔵庫の値段を見たり。

-=-=-=

ちょっと落ち着いた週末を過ごしてみたりしたが、結局水曜日に大きな変化が
起きたのかも知れない。いや、恋じゃなくて。(笑)

ウラ人気は俺じゃなくて、君の話だぞ。