No. 547 11/28 天の記憶
コメント:

山手線の中でぼーっとしながら広告を眺める。
東京駅ステーションギャラリーで有元利夫の展示会...
有元利夫、有元利夫、アリモトトシオ...???

高校生の頃、友人が紹介してくれたラジオドラマがすごく
不思議な雰囲気でとても良かった。その後少しして再放送
されたのをすごく緊張しながらエアチェックして、それは
私の愛蔵版のテープになった。

FMシアター+天の記憶。

人のゴミ拾いから、犬の足跡収集に趣味を変えた男と、神
岡の地下でニュートリノを観測する女の偶然の出会いの話。
恋愛ドラマではない、恋愛ドラマの様な、不思議な話。

その中で象徴的に使われているのがチェレンコフ博士、
吉雄常三、そして有元利夫の三人である。共通するのは
宇宙。

再放送されたのが1990年、12年も前の話。こういった事
をいつまでも覚えているのは...一つの才能なのだろうか。