No. 6 8/11 移動 八戸->札幌->釧路
コメント:

朝、一人が出勤して行くのを眺めながら、もそもそと起床する。それでもぎり
ぎりまで寝ていようという根性。他にまわせって。で、8時半頃起き出したり
なんだりしてから、荷物をまとめにかかる。もって行く物、ラジオ、電気カミ
ソリポケットカメラ、以上。大丈夫、歯ブラシやタオルなんてどこでも買えるっ
て。以前、東京方面に1泊で行ったときには手ぶらで行った。その潔さはまね
は出来ないなんて言われたりしつつも、そんな大きな事か。簡単だよ、ただ面
倒くさがればいい。それだけ。

各種振り込みを済ませ、三沢に行く。付いたのは約40分前。ちょうどいいじゃ
ん。で今度は千歳で待つ友人のためにお土産を買う。あら、八戸市内より、ちょっ
と高いんじゃないの。そういうものかね。で、チケットを買い、乗る。いつも
はゲートをくぐるとチンとか鳴りやがるのはおきまりに鳴っていた私だが、三
沢空港はあまり鳴った経験がない。機械古いんじゃないの?(笑)って千歳空港
だと絶対鳴るし、多分裸でも。

飛行機が飛ぶ。寝る。着陸する。北海道なんて近いものさ。

空港に着くと、到着ロビーに友人が待っていてくれる。お迎えも、お見送りも
居るなんて社長だぜこれじゃ。で、その友人の車で札幌へと入る。

友人が通っているというカレーやは、ちょっと雰囲気変わっていて、面白かっ
た。カレーも美味しい。そりゃ結構。そのお店ってば、私が札幌時代に住んで
いた所のすぐ近くにあった物で、友人が気を回してくれて下宿していた所の前
を通ったりしてくれた。うん、懐かしいが結構忘れていた、景色とか。でもい
いね。また、そのうちあの辺を歩いてみたい気がするよ。美香保公園とかも。
きゅんってするかもしれない。

うん。おなかがいっぱいになったので釧路へ向けて走り出す。
色々話をしながら、3年(?)のギャップを少しずつ埋めて行く。いい時間になっ
た頃に、釧路に着いた。運転お疲れさま。お土産を渡して別れる。飯を食う。
寝る。