No. 757 2/12 町おこしに乗ってみる
コメント:

宇都宮の名物といえば餃子だが、別に餃子は宇都宮独自の物
ではなく年間消費量1位、というところから来た町おこしの
結果のなにものでもない。仙台の牛タンのように、何処にで
もあるものだが名店が腕を競いあい、進化して行く事で名物
になってきたのだと思われる。私の故郷の北海道は名物の多
い所だが、こちらは産地の利点を生かした名物で例えばウニ
などは採れたてを海水で洗って食べるのが最高と、調理をよ
りしない方向での贅沢さを売りに名物になっているものもあ
る。私の中では最近名古屋がブームなのだが、こちらは何処
にでもあるものを変わった文化の方法で食す、という方向の
ものが多いのではないか。味噌煮込みうどんやミソカツなど。

はて、伊豆の旅に際しひとつ別の目標があった。富士宮焼き
そばである。先日下呂温泉に行った際途中のPAで食べた富士
宮焼きそばは「富士宮焼きそば学会」の認定シールが貼られ
ているにも関わらず、それは特徴のないお祭り焼きそばであ
ったのでいわばリベンジマッチである。

はて、お寝坊な私たちが富士宮についたのはなんと夜の7時で
あった。しかも途中で予定外の牛丼を食べおなかもそれほど
空いていないときた。それでも我々は憑り付かれたようにコ
ンビニの駐車場で情報を検索した。

情報がない。名産品である旨、通販サイトは数知れず出てく
るのだが、これといった代表格のお店が出てこない。150もの
お店は何処に存在するのか...。しょうがないので、出て来た
店のうち老舗っぽくかつ営業時間内であるお店を目指して行
ってみる。ああ、喫茶店ですね。もう本当に喫茶店。端の方
のテーブルはゲーム台(電源は入ってなかった)だし、昔なが
らの喫茶店ですよ。男二人で入店し、ほかに客なし。焼きそ
ばを頼む姿が我ながらシュール。

出てきました焼きそば、ステーキ用の鉄板に乗せられて豪勢
な感じ。そして、食す。まずくないです、まぁまぁ。確かに
ウリどおり歯ごたえのある麺、です。でもまぁ、これ食べに
わざわざ行くほどの高揚感は全くないです。残念ながら。
喜多方の超老舗の某店で40分も待ってぶやぶやの延びたひど
いものを喰わされたあれよりは100倍マシですがそれでも喜多
方の街はいろいろと楽しめたりとあったわけで。夜の時間に
行ってしまった我々も悪いのですが、あまりに期待しすぎて
いたせいでしょうか、ちょっと淋しくなって帰って来た次第
であります。

どなたかこの店は凄い、と言うところを知っている方がい
ましたら教えてくださいまし。