No. 818 7/14 歌手じゃないわけでもない
コメント:

坂本真綾、という歌手(私にとっては)の曲を良く聴くのだが、もう結構長いこと聴いて
いるのに関わらず雑誌などで見たことが無く、いまさっきおそらく初めてインタビュー
記事を読んだ。なぜか英語のWebで。

というのも彼女はいまアニメのイベントが行われているロスにゲストで呼ばれており、
そこでインタビューを受けている、という話の様で。なぜアニメイベントのゲストか、
というとそれは彼女が声優だからだ。

私がいままで雑誌なので目にしてこなかったのもたぶんこれが理由で、私が読む音楽誌
にはあまり登場せず、恐らく声優・アニメ雑誌のほうに載っているせいなのだろう。

あまり長くないインタビュー記事の中で驚いたのはアニメのDVDに関するWebサイトにも
かかわらず彼女をきちんと歌手としてもインタビューしていることだ。新作シングルま
でに2年のブランクがあること、長年一緒にやってきた菅野よう子が新しいアルバムに
参加していない事、アメリカでのリリースについて、それらがインタビューの半分くら
いを占めている。それは記事中にある声優と歌手、どちらが天職か、という質問に両方
と答えた彼女への敬意なのかもしれない。

私はアニメ雑誌や声優グランプリの類を読まないので知らないのだがあるいはこの手の
雑誌もきちんと歌手としてのインタビューが載っているのならたまには読んでもいいか
な、とちょっとだけ思った。(萌え〜な馬鹿話はご免だ)

しかし真綾、深津絵里のドラマに「よく似た元カノ役」で出たときはちょっと似てたの
だが、二人ともやせてしまったせいかあまり似てないな...急に大人顔になった感じだ。

↓NewtypeまでチェックしてるすばらしいOTAKU記者のインタビュー
One-on-One Interview with Maaya Sakamoto Anime Expo 2005 By Jason Yeh

はて、夜勤だった。
新しいプログラムが文句もいわず思ったとおりに動作するのを息を飲んで見守る係だ。

夜中だし、ペースは狂うしで憂鬱な仕事の代表だったのだが最近は楽しみだ。なぜか。

勤務地が築地だからである。

築地の朝は早い。2時には働き出す人がいるとの事でそれらの人の腹を満たすために市
場の内外に小さなお店が沢山ひしめき合っている。あれほど騒然としているわけではな
いが香港やタイなどの屋台街に近い状態で朝もやと大鍋から出る湯気が交じり合って良
い感じの雑踏感を出している。朝からいい親父どもがラーメンや牛丼やカレーを掻きこ
んでいる姿もまたいい。ちなみに今回は鮪丼を食べた。600円だ。この朝食は都内に住ん
でいてもなかなか味わえないだけにいい機会だと思って堪能している。ぜひ機会があっ
たら一度試してみてほしい。